オルニチンは疲労回復にも役立つってホント?

お酒を飲むと疲れてしまうような症状に見舞われてしまうこともありますよね。二日酔いになると、何もやる気が無くなってしまうのです。お酒を飲んだあとに出てくる疲労感ですが、実はオルニチンを摂取すると解消する、といった話もあるのです。積極的に利用して、疲労回復に努めてみませんか。お酒にも強くなる事が出来て、一石二鳥です。

こちらではお酒による疲労に対するオルニチンの働きを解説します。

・アンモニアの分解を促進してくれるから

肝臓はアンモニアを分解し無毒化する、といった働きがあります。アンモニアが体内に残ってしまうと、疲労感や倦怠感といったものが生まれてしまいます。お酒を飲んで疲労感や倦怠感が生まれてしまうのが、アルコールの分解に一生懸命になってしまい、アンモニアの分解がおろそかになってしまうからです。

また、お酒を飲むと食事も進んでしまいますよね。おつまみを大量に食べてしまう、といった方もいるのではありませんか。実は過剰な栄養の摂取もアンモニア臭発生する原因の一つなのです。二日酔いで疲労感や倦怠感を抑えるためには、食べる量を抑える、といったことも大事になってきます。

そこで出番となってくるのが、オルニチンです。オルニチンには肝機能を全体的に上昇させる、といった機能があります。機能を高めることで、アンモニアの分解も進み疲労感が出にくくなってくるのです。お酒を飲んだあとに疲れやすい、といった方は、オルニチン系のサプリメントを積極的に利用してみませんか。お酒に強くなる事が出来て、さらに疲れも出にくくなりますよ。

・スポーツマンも利用しているオルニチン

アスリートにもオルニチンのパワーは認められています。持久力が必要になってくるスポーツをしている方ですが、どうしても疲労感が出てきてしまいます。体内にアンモニアが溜まってしまうのです。しかし、オルニチンを摂取しておけば、肝機能が向上して、アンモニアもさっぱりとなくなるような状態になります。疲れを翌日に持ち込まない、といった効果が実際にあるわけです。

・オルニチン以外にも対策を立てよう

睡眠不足の解消
ストレスの解消
運動不足の解消

上記のような対策も同時に行う必要があります。肝機能が衰えて疲労感が出ている場合には、何かしらの原因がアルコール以外にもあります。特に肝臓に脂肪が付いていると機能が弱まってしまうので、定期的に体を動かす、といったことを実践してくださいね。これらを意識するだけで、大幅にお酒に強くなる事が出来ます。試してみて下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ